女たちよ! 女の連帯で平和を Sisterhood is powerful and International.

mitsuart.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:銅版画( 14 )

ミニアチュール展に出品する作品

2015 京都銅版画協会 ミニアチュール展
7月14日(火)〜19(日)12:00〜19:00 最終日5時まで
ギャラリーヒルゲート

京都銅版画協会展に参加する作品を紹介します。
c0074288_15115731.jpg
わきあがる
c0074288_15224934.jpg
意思
c0074288_15075585.jpg
存在する


[PR]
by mitsuart | 2015-07-12 15:34 | 銅版画

2015ミニアチュール展・京都銅版画協会

2015 京都銅版画協会 ミニアチュール展
7月14日(火)〜19(日)12:00〜19:00
ギャラリーヒルゲート
c0074288_17232580.jpg

[PR]
by mitsuart | 2015-07-11 17:23 | 銅版画

ふじみつこ銅版画展―女の連帯シリーズ

c0074288_14441332.jpg

 街の中のオアシス町家カフェで銅版画とパステルの小品展をひらきます。
どうぞご高覧下さい。

 2012年3月29日(木)〜4月25日(水)
 10:00〜16:00 水曜日は14:00まで 日曜定休

c0074288_14443324.jpg


ジョイント・ほっと 
京都市下京区寺町通仏光寺下る恵美須之町534
ジョイント・ほっと


[PR]
by mitsuart | 2012-03-09 14:54 | 銅版画

'07京都銅版画協会 ミニアチュール展

2007 京都銅版画協会 ミニアチュール展
7月31日(火)〜8月12日(日)
12:00〜20:00 最終日19:00まで (月曜休廊)

平安画廊 
京都市中京区寺町三条上ル



毎年夏は小さい作品展を開催しています。25人のメンバーが参加します。
どうぞご高覧ください。

メンバーでホームページのある方
ハセガワ アキコさん

銅版画協会の歴史はこちら
[PR]
by mitsuart | 2007-07-01 16:48 | 銅版画

エングレービングという技法

銅版画の技法は直彫法(ドライエッチングともいい、直接版にニードル、ベルソー、ビュランなどを使い彫る方法)と版にグランドを引きその幕を、ニードルでとり、腐食液にいれ腐食させるエッチング(腐食法)と二つに分かれるが、作品の制作方法は多種多様である。

エングレービングは直彫法の一つ。彫る道具をビュランという。
c0074288_11392943.jpg

c0074288_11401441.jpg
c0074288_11403097.jpg
ビュランの先の◆の部分が磨かれ、版に吸い付くように直線、曲線が彫れるように研ぐ必要がある。彫り進む方向は、版を動かすことによって思うような線が引けること。しかし、難しい。
[PR]
by mitsuart | 2007-01-17 11:48 | 銅版画

第45回京都銅版画協会展

第45回京都銅版画協会展
2007年1月16日(火)〜21日(日)
京都府立芸術会館1F展示室

エスキースで紹介したものをもとに制作しました。もとは
c0074288_15302688.jpg

制作した作品は会場で掲載できません。会場には手彩色の作品を展示。
この作品の技法はエングレービングとアクワチント。手彩色前の作品を掲載。

c0074288_10554288.jpg
Sisterhood series 水の便り (265×360)
c0074288_10584867.jpg
Sisterhood series Yes  (360×300)
[PR]
by mitsuart | 2007-01-16 15:35 | 銅版画

2006 京都銅版画展

出品した作品の紹介
c0074288_13201127.jpg

作品は左から
Siserhood series '85  ミクストメディア ソフトグランドエッチング、アクアチント、手透き紙
Siserhood series '95 ソフトグランドエッチング、アクアチント
Siserhood series '06 ミクストメディア エングレービングなど
Siserhood series '06 ミクストメディア エングレービングなど
[PR]
by mitsuart | 2006-09-28 13:04 | 銅版画

2006 京都銅版画展

2006 京都銅版画展
—銅版画とその教室の軌跡、展望—
「1960年に古野由男先生創設の京都市民アトリエ銅版画教室、1998年で廃止され、自主運営で今に至る。仲間が集まり銅版画のこれまでの軌跡と展望を示すとともに、市民のための制作を場のあり方を考える」

 会期  2006年9月26日(火)〜10月1日(日)
        午前9時〜午後5時
 会場  京都市美術館 別館2F (岡崎公園内 京都会館の東隣)
 主催  銅版画グループ遊・京都銅版画協会 2006京都銅版画展実行委員会
 後援  京都市・京都市教育委員会・京都新聞社

   c0074288_1312193.jpg
c0074288_1314172.jpg
c0074288_1321811.jpg

100人近い人の、さまざまな技法と表現の作品が一同に。
故人、古野由男先生の作品は、いまも若々しく、さわやかに展示されています。
仲間で先輩、福田芳子さん。山尾秋夫さん。人生の先輩加藤茂一さん。
日本画家の小松均さんも銅版画を学ばれたとか、「湖面に咲く睡蓮の花」の作品も。
おいでください。
[PR]
by mitsuart | 2006-09-28 13:02 | 銅版画

京都銅版画協会 ミニアチュール展

2006年7月25日(火)〜8月10日(日)
12:00〜20:00 最終日19:00まで(月曜休廊)
平安画廊
京都市中京区寺町3条上ル

会員24名参加。お気に入りの作品をみつけてください。小品展です。
毎年祇園祭りのころにひらいています。
今年は終わっていますが、京都の暑い夏を楽しんでください。

お待ちしています。
[PR]
by mitsuart | 2006-06-08 10:20 | 銅版画

第44回京都銅版画協会展

年末、年始と忙しい時期にいつも作品を創っています。
ちょっと早めですが、見にきてください。

第44回京都銅版画協会展
2006年1月10日(火)〜15日(日)
10:00〜18:00 最終日は17:30
京都府立文化芸術開館 1階展示室
京都市上京区河原町広小路府立病院前

京都銅版画協会の歴史は
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/mitsuart/asociationb2.html

1960年の設立です。45年間続いています。
設立者の古野由男先生は、紫野高校の美術の先生でした。日本でも早くから銅版画の教育
に取り組み、研究会を開いていました。
この研究会には関東からもいろんな人が参加していたようです。
駒井哲郎さんの展覧会で研究会のニュースを見ました。(この展覧会の日時は忘れました)
古野先生の作品のシリーズは「平和」でした。後輩を育てることが上手な先生でした。
記念誌も30年と40年に発行しています。
わたしは、1976年から参加しています。29年長いですね。
[PR]
by mitsuart | 2006-01-04 22:51 | 銅版画