女たちよ! 女の連帯で平和を Sisterhood is powerful and International.

mitsuart.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第44回京都銅版画協会展

年末、年始と忙しい時期にいつも作品を創っています。
ちょっと早めですが、見にきてください。

第44回京都銅版画協会展
2006年1月10日(火)〜15日(日)
10:00〜18:00 最終日は17:30
京都府立文化芸術開館 1階展示室
京都市上京区河原町広小路府立病院前

京都銅版画協会の歴史は
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/mitsuart/asociationb2.html

1960年の設立です。45年間続いています。
設立者の古野由男先生は、紫野高校の美術の先生でした。日本でも早くから銅版画の教育
に取り組み、研究会を開いていました。
この研究会には関東からもいろんな人が参加していたようです。
駒井哲郎さんの展覧会で研究会のニュースを見ました。(この展覧会の日時は忘れました)
古野先生の作品のシリーズは「平和」でした。後輩を育てることが上手な先生でした。
記念誌も30年と40年に発行しています。
わたしは、1976年から参加しています。29年長いですね。
[PR]
by mitsuart | 2006-01-04 22:51 | 銅版画

わたしの絵のテーマはSisterhood、女の連帯です

『アジェンダ』の表紙に

c0074288_22412433.jpg
 女たちが生きのびるために
問1 リブが力になったことはどんなことですか?
問2 あなたが自分を肯定することは?
問3 あなたが後輩に贈る言葉は・・・

2004年3月に女性3人の連続展を開きました。この作品は、そのとき出品した作品の一つです。
 わたしの大切な、かけがえのない女友だちがこの質問に答えてくれました。これらの言葉に支えられて作品を創りました。だからこの展覧会は、リブの女たちとの共同制作です。

 わたしの絵のテーマはSisterhood、女の連帯です。1987年から連作として絵を描いています。
 女性同士のつながりによって、わたしは支えられ、自分で自分を認められるように変わってきました。その経験から、このようなタイトルでシリーズとして描き続けてきました。
 女たちの連帯が、どれだけ勇気と希望をわたしたち女にもたらすか。そのことを理解するのは、友だちと一緒に行動を共にする経験の中から得られるものだと思うようになりました。
「Sisterhood is powerful and international.」
「わたしのからだはわたしのもの」
「個人的なことは政治的なこと」
 ひとりぼっちじゃないよ、すぐそばに仲間がいるよ、女たちから生きる力を学ぼうよ。
このメッセージがわたしの絵のテーマです。

ふじ みつこ(アーティスト)
女たちが生きのびるために
パステル(364×5515)

「3月8日 国際女性デーのための連帯カード」の一枚です。

アジェンダ・プロジェクトのページは
http://www3.to/agenda/
[PR]
by mitsuart | 2006-01-04 22:39 | Sisterhood series

あけましておめでとうございます

c0074288_176399.jpg


ことしもよろしく。

  第3回女たちの映像祭・大阪 2006 12月1日(金)から3日(日)まで開催。
     準備の様子など随時お知らせいたします。
      blog:http://sisterwave.exblog.jp/

  館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会
  3月15日(水)午後1:15 口頭弁論 大阪地裁 809号法廷
証人が決まります
  4月17日(月)午後1:30~4:30  証人への尋問期日
  5月22日(月)午後1:30~4:30  証人への尋問期日
 
  いまこそ、女の力を結集するときです。傍聴は力です。ご注目ください。
そして、「21世紀の奴隷解放」のために!!
あなたの力をどうぞ・・・

URL:http://fightback.fem.jp/
blog:http://fightback.exblog.jp/

                                                 ふじ みつこ
[PR]
by mitsuart | 2006-01-01 15:49